オカメズと気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS お別れは悲しい(T_T)

<<   作成日時 : 2008/03/07 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

色々な方がこのブログを見て下さっている中で、直接メールを頂く事も少なくないが…
その中で、「お迎えしたオカメchanが☆になった…」と悲しいメールを頂いた(T_T)

私も最初の1羽を☆にしているので、気持ちは痛いほど分かる。

ショップで出合って可愛くてつい…お迎えしてしまう…私もそうだが…(^^ゞ

せっかく縁あってめぐり合ったオカメchan、天寿を全うさせてあげたい!

親鳥の健康を考えて多くても春、秋の2回巣引きを行うブリーダーさんに対して、親鳥の健康を考えずに季節を問わず何度も巣引きをさせる利殖ブリーダーの存在(>.<)
海外からの輸入ヒナ…長旅で疲れきっているし、話によれば抗生物質入りの餌を与えられて、一見健康に見えるが実は病気持ちのヒナも流通しているらしい(-_-;)
ショップではどう見ても少なすぎる挿し餌…早く挿し餌の手間や餌代が掛からない様に無理な一人餌への切り替え(値の張るフォーミュラーより安価なシード)。
チト、かじった程度勉強したお客さん向きに脂肪太りさせて、体重を増やしているショップも…
「胸筋を触ってふっくらした…」と飼育書で触れられているが実際に飼っていて、脂肪なのか?胸筋なのか?初めて違いが判ると思った。

飼っていない方がショップで初めて触るオカメchanの状態など、判るはずが無い!
ショップの人に丸め込まれて病気予備軍のヒナを掴まされてはいないだろうか?

保障のあるショップも在るとは聞いた事があるが、まず数日間の保障期間内には発病しないだろう…
健康診断で、外部検査機関に精密検査を依頼したとしても保障期間内には検査結果は判らない(>_<)
ちなみな…うちのオカメズをお迎えしたショップでは「いかなる理由が有ろうとも一切返金・交換には応じない」と言う書類にサインを求められた…(>_<")

たまにペレットを買いに立ち寄り、オカメが居ないか?保温箱を覗くが…見た途端に「この仔はは…お迎え出来ない」といつも落胆している。

ナゼにお迎え出来ないかって?お迎えしてスグにお別れしたくないから!
あの辛く悲しい思いはイヤだ!

チー、ポー、ター、ガー、クー、ペーの6羽と私の長生き比べなどと考えたりしている(^^ゞアハハ
オカメの寿命も結構長いのだぁ〜(*^o^*)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お別れは悲しい(T_T) オカメズと気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる